相続税申告の相場について

サイトマップ
     
キービジュアル

協会からのお知らせ

相続税申告を税理士に依頼したい!費用相場やメリットをご紹介

2019/09/19

コラム

コンテンツ番号:43


相続税申告は複雑な上に、身内が亡くなった状況で、期限を気にしながら手続きを進める必要があるので大変です。

そこで、プロの力を借りることをおすすめします。

 

しかし、税理士報酬や費用相場はどれくらいになるのか、心配な方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、相続税申告を税理士に依頼したときの費用相場やメリットについて、詳しくご紹介していきます。


相続税申告を税理士に依頼したときの費用相場は?

相続税申告を依頼したときの費用相場の目安は、遺産総額の0.5~1%程です。

 

相続財産の種類や、税理士ごとに費用算出の基準が異なるため、一概には言えませんが、大半の税理士事務所がこれくらいの報酬を提示しています。

 

そのため、トータルコストがこの目安におさまっていれば、概ね適正金額と言えるでしょう。

 

例を挙げると、遺産総額3億円で150~300万円程度の報酬になります。

 

税理士へ依頼する際、インターネット上に税理士報酬を公開していない事務所には注意が必要です。

 

成功報酬や追加費用の請求、申告書のミスが発生する可能性があります。

 

よって、報酬が安すぎる税理士は避け、申告件数が多く税務調査率の良い(1~3%)相続税専門の税理士を選ぶと安心です。

 

いずれにしても、契約前に見積もりをもらい、費用(特にオプションや追加報酬など)について、しっかりと税理士に確認しておくことが大切だといえます。


相続税申告を税理士に依頼するメリットをチェック!

相続税申告を税理士に依頼する、2つのメリットを見ていきましょう。

 

1.負担や手間がかからない

プロには長年培った経験やノウハウがあり、手続きがスムーズです。

親族が亡くなったときに、複雑な手続きを行なうことは、大きな心身の負担になりますよね。

税理士に依頼すると、相続税申告に関する手続きのほとんどを代行してもらえるので、負担や手間が軽減できます。

 

2.適正な相続税申告ができる

早めに税理士に相談しておくことで、二次相続(両親のもう一方が亡くなったときに起こる2回目の相続)に関するアドバイスをもらうことができます。

 

一次相続に気をとられすぎていると、二次相続で多額の税金がかかる場合もあるので、注意が必要です。

 

確実に節税対策を行なうためには、信頼できる税理士を事前に見つけて相談しておくことをおすすめします。


まとめ

今回は、相続税申告を税理士に依頼したときの費用相場やメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 相続税申告を税理士に依頼すると、手間や負担が省けるだけではなく、節税対策が可能です。

 

今回ご紹介した費用相場を参考にしながら、良い税理士事務所を探してみてください。

 税理士に依頼することで、確実な相続税申告手続きを行なうことができるでしょう。