書籍「事例でわかる大家さん・不動産屋さんのための改正民法の実務Q&A」

サイトマップ
     
キービジュアル

協会からのお知らせ

書籍「事例でわかる大家さん・不動産屋さんのための改正民法の実務Q&A」

2020/06/15

書籍/メディア

コンテンツ番号:20200615_2


理事の塩谷昌則 弁護士が書籍を出版しました。

事例でわかる
大家さん・不動産屋さんのための
改正民法の実務Q&A

=====内容紹介=====
2020年4月1日施行の改正民法の賃貸経営に関する部分の解説書です。
大家様側の目線で、事例式Q&Aで、改正点をわかりやすく解説しています。
気になる保証(公正証書、極度額の定め、情報提供義務)に関する部分も充実しています。その他、繕義務、一部滅失、原状回復、オーナーチェンジ、サブリース、更新の際の新民法の適用の有無などの点を扱っています。

・各制度を横断的に比較した図表で理解度アップ。
・重要度を三段階に分けてメリハリをつけています。
・実務上のポイントも記載しています。

改正ルールにいち早く対応し差別化を図ることは今日の厳しい賃貸環境を乗り切るうえで極めて重要です。大家様必携の一冊です。

◆目次◆
  1.アパートローンの保証と公正証書
  2.保証の限度額
  3.保証人への情報提供義務
  4.建物所有目的でない土地賃貸借期間の延長
  5.用法違反等による損害賠償請求権の時効期間
  6.賃貸人の修繕義務、賃借人の修繕権
  7.一部滅失等による賃料減額・解除
  8.損傷の原状回復義務
  9.賃借人が付属させたものの撤去
10.サブリース(転貸借)
11.オーナーチェンジ
~賃貸不動産の購入と賃貸人の地位の移転
12.敷金
13.新民法の適用時期

amazonでの購入はこちら
-----------------------------------
事例でわかる大家さん・不動産屋さんのための改正民法の実務Q&A
著 者:塩谷昌則
出版日:2020年7月3日
発 行ブイツーソリューション
-----------------------------------